WordPress にタグ機能を追加する Ultimate Tag Warrior

個人的にもカテゴリーによる分類は苦手です。カテゴリー数をしぼると1カテゴリーの内容が広くなりすぎあまりにも大きな分類としてしか機能しなくなるし、細かく分類するとなるとカテゴリー数だけがどんどん増えて分類の機能が弱くなる。そんな訳でタグ付けによる分類は欠かせません。

MovableType3.3では標準でタグ分類が可能でしたが、WordPressには現時点では標準機能には盛り込まれていないので、プラグインでタグ分類の機能を追加します。

探してみるとタグ分類を可能にするプラグインはいろいろある様なのですが、多機能との噂に惹かれてUltimateTagWarriorを利用してみたいと思います。有志の方によって日本語化もされています。

UltimateTagWarrior 3

UltimateTagWarrior 日本語版

UltimateTagWarrior 3 のインストール

まずは英語版をダウンロードしpluginsディレクトリにアップロードします。

  • ファイルをダウンロード後、、解凍したフォルダ内→pluginsフォルダ内のUltimateTagWarriorフォルダをwordpress/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。

日本語化する場合は、

  • 日本語版ファイルをダウンロード
  • 解凍したフォルダ内の差分ファイルを、先にpluginsディレクトリにアップロードしたUltimateTagWarriorに追加(上書き)。languages内のファイルは使用する文字エンコードの物だけでいいようです。

アップロードが完了した後、管理ページでプラグインを有効化すると、オプションページTagの設定ページが追加されます。付属のreadme.txtにはプラグイン画面に3つのプラグイン(項目)が追加されるとあったが、なぜがUltimate Tag Warioryしか表示されず。 それでも、必要な機能は動いているようなのでとりあえずはよしとして後日確認すること。

管理画面、オプションページにTagsページで設定を変更。設定に関してはpower source*さんのページがとてもわかりやすく、参考になりました。

ひとまず1つ目のタグ列の詳細設定を有効にし、表示形式を選択。オプション設定で選択候補の表示形式を選択し、早々に記事投稿画面へ。
投稿内容入力欄のしたに、Tags(タグを入力する)欄とTag Suggestions(Yahoo!からタグの候補を提案してくれる)欄が追加される。記事ないようにあわせてTag欄にタグを入力するれば先に設定した表示形式にあわせて、記事の前(後)につけたタグが表示されるようになる。タグをクリックした際のリンク先は表示形式により異なり、タグアーカイブページへのリンクまたはテクノラティ等のタグページにリンクされる。

タグクラウドの表示はテーマの編集が必要になるようなのでまた後日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - WordPress にタグ機能を追加する Ultimate Tag Warrior
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]