Safari のBeta3とVer.2を同時に使う

safari_v2_and_v3_1_1.png

指摘されていたセキュリティホールの修正を施したver. 3.02が配付されているApple製ブラウザSafari。見やすいインライン検索や、テキストエリアの拡大縮小が出来たり、なかなかかゆいところに手が届いていい感じですが、何ぶんBeta版、バグとかもあったりするわけで時には正式版のver 2.04を使いたい場合もあります。

ところが、Safari3のβ版をインストールすると、大胆にも元々あったver.2と置き換わってしまいます。実際のところ上書きされてしまうわけではなく、Safar 3Betaのディスクイメージに入ってるアンインストーラーを使えば、ちゃんとVer.2をもとどおり復元してくれのですが、異なるバージョンを使う度にインストールと再起動を繰り返すのはどうにも面倒。と思って探したところ以下の記事を発見。

Macenstein ? Tips/How To: Run Safari 3 Beta and Safari 2 at the same time

かいつまんで言うと、もとあったVer.2を適当な場所に複製して名前を変え、 Ver.3Betaをインストールすれば名前を変えたVer.2と後からインストールしたBeta3が同居できるってこと。が、しかしこの方法、Safariの中身となるフレームワーク部分、WebKitはVer.3Betaのものになるので、Safari Ver.2を起動しても外身だけVer. 2で実際の中身はVer.3 Beta(事実、Ver.2でもテキストエリアがリサイズできる)って本末転倒なことになります。

やっぱ無理か?と思ってたら、さらに突っ込んでうまいことやってる人発見。

MAC REVIEW ? Safari 2 とSafari 3を同時に動かす? (再度挑戦)
Webkit.appは新しい自分用のフレームワークを使ってSafari.appをロードするというのを利用した方法です

なるほどWebKit.appを利用するのか。インスペクター使うのにインストールこそしてたけどこれは知りませんでした。ちょっと手間はかかるけど、これでちゃんと二つのバージョンを同時に使用できます。

β版を常用したいあたらし物好きでありながら、正式版もないと不安ってな心配性の人にお薦めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Safari のBeta3とVer.2を同時に使う
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]