MacPortをGUI操作でつかえるPorticus

porticus_t.png

MacBook Pro購入後、ほとんどのデータやセッティングは移行アシスタントで半自動的に旧機から移行したのですが、ターミナルでコマンド打って/usr/local/binインストールしたパッケージやなんかまでは移行してくれません。 取りあえずは、何かと必須のMacPortをインストール。移行元のMacで/opt/local/binにインストールしたものは移行アシスタントで移行先に持ってきてくれるのですが、ずぼらな管理で古いバージョンのままのもあったりするのでこの際、その辺一から構築し直すことに。

まずは、これまた必須のSubversionをMacPort経由でインストール。で、RubyやらRailやらそれ関連やら、色々入れなくちゃと思いつつも「コマンド打つのかったりぃ〜」などと不届きな思考の末、GUIでちゃっちゃとやってくれる何か便利なものはないかと探したら、あるもんだ。MacPort用Cocoa GUIフロントエンドPorticus

ウィンドウ左側の一覧からインストールしたいものを選んでボタンをクリックするだけ。あと、待つだけ。既にインストールしたものもリストで確認できるし、アップデートが可能なものも自動でリストアップしてくれる。検索窓から任意のものだけを絞りこむことも出来て、なかなか使い勝手が良いです。

Porticus

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MacPortをGUI操作でつかえるPorticus
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]