Flash Player 9 on MacOS X Leopard

今週頭にLeopardをインストールして大体普段使うアプリは問題なく使えてると思ってたけど、実はSafariでFlashサイト見ると百発百中落ちることが判明。製作中のサイトの確認すら行えず、何とも歯がゆいことになってましたが、昨日Adobe LabsからFlash Player 9.0.64.0がリリース。インストースし直したらFlashサイトも問題なく閲覧出来る様になりました。

Adobe Labs – Flash Player 9 Update

リリースノート

-Support for H.264 video and HE-AAC audio codecs (new Aug. 21). – Enhancements to full-screen mode to use hardware scaling for improved video performance and quality on systems running Windows 2000 and newer or Mac OS X 10.2 and newer. – Faster rendering of vector graphics on multi-core CPUs. – Higher quality and performance for downscaling large bitmaps (SWF 9 only). – Support for caching common platform components, such as the Flex framework, to reduce average application sizes. This feature is enabled in the Flex 3 beta available on Adobe Labs. – Support for full-screen mode on Linux.

既にβ版で盛り込まれてたH.264ビデオコーデックのサポートと、HE-AACオーディオコーデックのサポート。それとハードウェアスケーリングを利用したフルスクリーンモード時の品質向上が大きな改善点でしょうか。
以下のページでH.264コーデックとのデモが見れますが画質いいです。普通にテレビ見る位の感じです。これを機にYouTubeなんかの画質も良くなりそうな…。

Adobe Labs – Flash Player 9 Update Full-Screen Mode Demo

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Flash Player 9 on MacOS X Leopard
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]