正しい“copyright”の書き方

サイトの下の方なんかにある“©copyright 200x なんちゃら. All right reserved.”って表記。

何となく他のサイトなんかで見るのを真似てたんだけど、今さらながら「これって正しいのか?©の後にcopyrightって、なんか同じこと2回言ってね?」とか何とか気になって、ちょっと調べてみました。

ひとまずググってみると、一番に出て来たこのサイト。すげぇ、詳しく書いてて、ほぼこのサイト内容だけで色々分かってしまいました。

> IT工務店 店主のつぶやき日記:(エクセルVBA2007)Copyrightの正しい書き方

いきなり結論:何を書けば良いのか?

「万国著作権条約」の規定によると必要なのは、「©」マークと「著作物が発生した年号」と「著作権者」の3つとのこと(©マークはフォントによって表示できない場合を想定して(c)でも良いみたい)。つまり、

© 2009 Komposition.

と書けば充分みたい。

“copyright”とか“All right reserved.”ってのは要らないのか?

> 「Copyright (C)」は、とくに日本でそうだと思いますが、「(c)」の意味を理解していない人々が多いので、わざわざ「Copyright 」と付け加えているのですね

なるほど、確かに意味知らない人は多い。実際、Copyrightって単語を見ても分からない人もいるし…。

> 「 All rights reserved.」は、この著作物によって、著作権以外に発生した権利も、すべて著作権者にあると言う主張です。これも、これがあるから法的に意味があるものではないのです。

ふむふむ、念押しね。著作者としての主張を具体的な文章として表記することで、何となくな安心感を得るって感じでしょうか。 でも、引用や、借用、他サイトへのリンク、広告などが多数含まれるページには“All right reserved”でいいんだろうか。少し前、“some right”って表記がはやった(?)けど、文法的に正しいか分からんが意味はこっちの方が正しい気がするな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 正しい“copyright”の書き方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

「正しい“copyright”の書き方」への1件のフィードバック